いかがお過ごしでしょうか。
日本グリーフ専門士協会の井手敏郎です。

今日は意外と見落とししがちですが、
非常に大切な問題の一つを考えてみます。

流産で子供を亡くしたお母さんからお聞きした話です。
愛おしい子供を世に送り出せなかった哀しみは当然ですが、
とてもつらかったかことの一つが、
子供の死が「無かった」ように周りが振る舞うことだったと言います。

お腹に赤ちゃんがいたのを伝えていなければ、
周囲が知らないのは致し方ありませんが、
間違いなく授かった命が失われたにもかかわらず、
そのまま無視される状況は、とても寂しい体験です。

流産の場合、葬儀もなく、法事もないことで、
けじめがつきにくいという問題も起きやすくなります。
そのため誰も触れられず、吐き出す場も少なくならざるをえません。

当事者として知っておかなければならないのは、
周りは必ずしも冷たいのではないということです。

実際に事実を知っている場合であっても、
下手なことをいって傷つけたらどうしようという気持ちや
何と言っていいのかわからないだけかもしれません。

お腹に赤ちゃんが誕生したことを祝っていた人ならなおさらでしょう。

流産をされた方は、
病院に対する不審、
自分の行動への後悔、
次の妊娠への不安……など、
非常に複雑な思いを抱えています。

私たちが心得ておくべき大切なことは、
成長した子供や配偶者、親御さんの死と比較して、
軽く見られがちな流産も、他の死別体験と全く変わらない、
あるいはそれ以上のつらく哀しい出来事である、
という認識をもつということです。

The following two tabs change content below.
井手 敏郎(いで としろう)

井手 敏郎(いで としろう)

一般社団法人 日本グリーフ専門士協会 代表理事/アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理大学院にて米国臨床心理学修士号(MA)取得/著書『金融機関行職員のためのグリーフケアを意識した相続の手続きと上手な接遇方法』(近代セールス社)日本、アメリカ、ドイツで悲嘆ケアを学び、死別悲嘆の支えるグリーフケア研修や個人カウンセリングを続けている。東京都内の精神科クリニックでは自死遺族のグリーフケア・プログラムを担当。日本グリーフ専門士協会のカウンセリングオフィス「CROSSROAD」(JR上野駅から徒歩3分)やオンラインで大切な存在を亡くした方の「哀しみの保健室」(わかちあいの会)を開催。