おはようごさいます。日本グリーフ専門士協会の井手敏郎です。 昨晩はグリーフケアのスクールに参加してくれた仲間と久しぶりに会え、嬉しい時間となりました。 また私自身、1年前と今、半年前と今、と比較したとき、理解が格段に深まっていると感じています。 グリーフケアは気持ちがお辛い方と向き合う取り組みです。その点においても励まし合える仲間の存在は本当に大きなものですね。 今回のテーマは、グリーフスパイラルの「諦観」の視点についてです。諦観(ていかん)というのは少し難しい言葉ですが、日本人の悲嘆の心境を理解する上で大切な局面です。「もうあの人は帰ってこない。それでもここから始めるしかないんだ」「父を奪った海を憎む気持ちもあります。だけど漁師の子だった俺は海に育てられたのも事実なんですよ」これらの言葉は、 けっして哀しみが癒えたわけではありませんが、現実を受け入れつつある段階です。 混乱、否認、怒り、抑うつ、といったグリーフにおいて比較的初期にあらわれる局面は、現実に目を伏せ、つらい事実にあらがおうとする状態ともいえます。  それに対して諦観は、起きている出来事を諦(つまび)らかに観ることができる状態です。 この言葉は「あきらかにみる」という言葉の語源とも言われます。 涙はでるでしょう。淋しさは抱えているでしょう。でも覆すことのできない現実をようやく受け入れることができるタイミングなのです。  四季に富み、地震や洪水といった災害が頻繁に起こる日本。そんなこの国の風土において、変化を受け入れ、冷静に物事を受け入れるタイミングは、日本人の特徴的な態度として押さえておきたい局面です。降りかかった課題に目を伏せ、否定しているだけでは何も起こりません。  まずは事実を受け入れる。それは、次に進むための大きな一歩です。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ パソコン、スマホ、タブレットのいずれかがあれば、  簡単に参加出来る無料グリーフケアWEBセミナーは、引き続き、募集しています。期間限定の取り組みですが、あなたと直接お話しできると嬉しいです。ご希望の方はぜひご返信ください。 本サイトのメールマガジン「7つの視点」にご登録頂けると情報が届きます。ぜひご登録ください。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
The following two tabs change content below.
井手 敏郎(いで としろう)

井手 敏郎(いで としろう)

一般社団法人 日本グリーフ専門士協会 代表理事/アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理大学院にて米国臨床心理学修士号(MA)取得/著書『金融機関行職員のためのグリーフケアを意識した相続の手続きと上手な接遇方法』(近代セールス社)日本、アメリカ、ドイツで悲嘆ケアを学び、死別悲嘆の支えるグリーフケア研修や個人カウンセリングを続けている。東京都内の精神科クリニックでは自死遺族のグリーフケア・プログラムを担当。日本グリーフ専門士協会のカウンセリングオフィス「CROSSROAD」(JR上野駅から徒歩3分)やオンラインで大切な存在を亡くした方の「哀しみの保健室」(わかちあいの会)を開催。