喪失による悲嘆の状態をグリーフといい、喪失悲嘆に対するケアをグリーフケアといいます。私たちは人生において病気、怪我、離婚、リストラなど、様々な喪失を体験します。その中でも大切な人との死別は、とても辛く乗り超えがたい苦難です。死別が最大の喪失による悲嘆であると言えるでしょう。本人及び家族は余命宣告から終末期にかけて深いグリーフを抱えています。そして悲嘆の反応は見守り、見送る立場である私たち支援者にも起こります。死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか。今回は死別による喪失悲嘆によって生じる心の変化のうち、「混乱」について詳しく解説します。

 

■死に直面する準備はできていない

私たちは死別による悲嘆について、たいていが無知です。死に直面する準備が十分にできていません。「死別による悲嘆を抱える人に対し、どのような言葉かけをしたらいいのか」「もし、自分自身が大切な人を失ったらどう心を保てばいいのか」「自分が死に直面する事態に至ったらどうするか」

死別は、終末期にかかわる立場として、またいずれ死にゆく立場として、私たち一人ひとりにとって避けることができない重要なテーマです。人は死別の悲嘆に遭遇した際、人はどのような心の過程をたどるのでしょうか?詳しくみていきたいと思います。

■グリーフのスパイラル

日本グリーフ専門士協会で提唱している「グリーフのスパイラル」という心理モデルがあります。

内側にある「哀しみ」には、愛おしい、悲しい、寂しい、辛い、苦しい、悔しい、怖い、不安、心配、落胆という複雑な感情が入り混じっています。喪失体験による「哀しみ」はグリーフの心理過程のいちプロセスではありません。様々に移りかわっていく状態の根底に、常にあるものです。

この哀しみを一次感情とし、「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」「諦め」「転換」、そして「再生」の7つの局面が引き起こされていくのです。「哀しみ」の中にいる人は、これらの局面を段階的ではなく、行ったり来たりしながら「再生」に向かいます。私たちグリーフ専門士は、どのようなケースであっても最終的にはそのゴールに至ると信じてかかわっています。

このように、「再生」に向かう中で生じる「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」「諦め」「転換」は、必ずしもこの順番どおりに現れるとは限リません。いくつかの過程がスキップされることもありますし、ある局面からもとの局面へと逆戻りしたかのように感じられることも見受けられます。ですが、表面上では後戻りしているかのように見えても、実際には少しずつ再生への過程をその人なりに歩んでいきます。それでは、グリーフのスパイラルにおける「混乱」について、詳しく見ていきましょう。

1混乱

「混乱」とは、感情が秩序なく入り乱れ、物事が何もかも一緒になって訳が分からなくなる状態を言います。身近な人の死に接し、極度の哀しみを受け止められていない局面であり、本人も一体何に揺り動かされているのか分かっていません。さまざまな気持ちが重なり、冷静な判断がつかないため、周りのサポートを特に必要とする時でもあります。

「混乱」により、五感が鈍り、感覚神経も運動神経も麻痺してしまったかのような状態に陥ることもあります。混乱のあまり、病院のガラス戸に気づかず激突し大怪我をされた、というような例も少なくありません。

事故や自死で亡くなった場合、現場の様子をそのまま確認させられることがあります。また遺族にとって受け入れがたい話をいきなり聞かされてしまうことも起こりえます。それは例えるならば情報という<矢>が、容赦なくその心に突き刺さる状態といえます。混乱には、串刺しにされる痛み刺激を少しでも緩和する目的で、心にバリアを張ったり、受けとる感度を鈍らせることで、そのショックを少しでもやわらげようとする心の防衛機制としての役割も持ち合わせています。

■混乱時に求められるケア

・傍にいる

まず大切なことは、死別喪失の直後は、誰かが必ず側にいるということです。急激なショックの直後は特に、どんな人も我を忘れてしまいます。その結果、突発的な飛び降りや自傷行為、事故や怪我がもっとも起こりやすくなります。特に、死別をはじめ、大きな喪失を知らされた直後は少なくても30分は、一人にしない配慮が大切です。家族がそばにいることができないなら、別の誰かを代わりを立てて対応しましょう。だれかが側にいるだけで安心できることがあります。そのような環境をできる範囲で整えたいところです。

 

サポートを受けてもよいと伝える

 

また、混乱の最中にも、自分がどのような支援を受けたらいいか分からず、ひたすら「大丈夫です」を繰り返してしまう人があります。「他人に迷惑をかけてはならない」「人を頼るのは恥ずかしく、後ろめたい」

そのような信条から、自身が危機的状況にあっても、つい援助の申し出を自動的に断ってしまうケースも多いです。これは日本人特有の反応とも言えるかも知れませんが、「サポートを受け入れてもいい」ということを、繰り返し伝えてあげることがとても大切です。

さらに援助者という立場に立つ以上は、次のことを深く理解しておきましょう。

・大切な人を失って正気でいられる人などどこにもない。

・深い喪失悲嘆を抱えている最中に、しっかりする必要も義務も全くない。

・哀しみを認めないよりも、感じるままに外に出した方が、のちにより適切な形で気持ちを整理しやすくなる。

・死を受け入れることができていない段階では、故人を生きているかのように扱っても構わない、その気持ちを尊重する。

人によって混乱の程度や現れ方は様々ですが、そうした反応が起こって当然、という覚悟を持って接するように心がけたいです。

・故人への見送りに参加してもらう

死を受け入れられない、混乱した心理状態ではあっても、葬儀や葬送の準備には、可能ならば少しでも参加してもらった方がよいでしょう。冷静に対応できる状況ではないにしても、故人を見送る作業に自分なりに精一杯関わった、やるべきことができた、貢献できたという事実が、後に大きな力となることがあります。弔電の順番決めや、参列者への案内などの事務作業に追われることで、死別のショックから目を逸らすことができた、という人も少なからずあります。混乱の真っ只中であっても、「最後にあの人のためにしてあげられた」と、ふりかえってから実感する方も多いようです。最初から「これでは何もできない」と決めつけることなく、何かしらできる小さなできることを探し、見守りのもとに共に行っていきましょう。

また混乱の中にあると人は、通常よりは格段に、認知レベル、とくに判断力において著しい低下が見られます。喪主を務められる際には任せきりにせず、その周りの人ができる限り、本人をサポートするようにしてもらいましょう。

・わかりやすく文面で伝える

 

誰しも混乱している際には、口頭による指示・案内がスムーズに頭に入ることは難しいです。ですから極力、わかりやすく言葉遣いで文章にした上で、文字を大きくする、行間をあけて読みやすくする、などの配慮も必要です。

 

・言語よりに非言語メッセージを重んじる

混乱は、<刺激に対しとまどい、反応できない>状態です。そしてある意味では、<反応できない>というよりも意図的に<反応しない>ように、自分で自分を守っている状態であるとも言えるでしょう。<それ以上の過度の刺激を受けることにより、心がより深く傷ついてしまうのを、なんとか必死で避けようとしているのが、混乱とも言えます。認知面での理解が鈍磨している反面、感性や感情は、むしろ過敏になっています。

 

認知症の患者さんにおいても、認知機能が一部損なわれている一方で、直感は以前よりもずっと冴え渡るようになるのは、よく見られる現象です。認知症の方が、相手の人柄が本当に誠実かどうかを正確に見分けることができる現実に、私自身が驚いたことが多々あります。表面上の情報処理だけではキャッチできない、人としての本質を見抜く力を代償的に得ている方も、認知症患者さんの中には相当あるように実感します。混乱している状態にあっても人は、相手の優しさが本物であるかどうかを見抜く力を備えています。心からのあたたかく受容的な態度を、特にこうした時期には心がけたいものです。

非言語メッセージによって「どんな時でもあなたの味方」と伝えることは、言葉で伝える以上に伝わることがあります。かける言葉が見つからない場合にも、ただ側にいる。呼吸を合わせる。手を握る。背中をさする。肩を支える。相手との関係性にもよりますが、言葉ではない方法で「あなたの力になりたい」「支えたい」「寄り添いたい」を伝え、それが相手にきちんと伝わるということが何よりも求められる局面と言えるでしょう。

 

 

<追記>

ひき続き、グリーフケア研修をWEBで体験できるWEBグリーフケア入門講座を無料で実施しています。興味・関心のある方はぜひ、下記URLをクリックしてみてください。(日程スケジュールについて、くわしく表示案内しております♪)

 

http://grief-online.com/webinar_kokuchi/

 

The following two tabs change content below.
前川 美幸(まえかわ みゆき)

前川 美幸(まえかわ みゆき)

日本グリーフ専門士協会理事。老人保健施設での介護支援専門員、訪問看護ステーションの立ち上げを経て、現在は終末期医療に従事。看護・介護の現場の両面からグリーフケアを伝えている。日総研出版『達人ケアマネ』に2017年6月から2018年6月にかけ、グリーフケアに関する連載を担当。