グリーフスパイラルとは

喪失による悲嘆をグリーフといい、喪失悲嘆へのケアをグリーフケアと言います。喪失悲嘆による哀しみから、人はどのように自分らしい人生をとり戻すのかについては、世界中でさまざまなモデルが研究されています。日本グリーフ専門士協会では「グリーフスパイラル」として、死別による悲嘆からその人らしく「再生」するまでの心の道のりを次のようにとらえています。

大切な存在を失った人の心の奥底には常に「哀しみ」があります。この「哀しみ」を中心に渦を巻くように、「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」「諦め」「転換」「再生」の7つの局面が取り巻く二重構造が、喪失悲嘆における人の心の状態です。

心の奥の中心にある「哀しみ」は、痛みとして和らぐことはあっても、決して消えることはありません。どの局面にあってもこの「哀しみ」が一次感情としてあり、それ以外のさまざまな状態が引き起こされています。

グリーフスパイラルでは「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」「諦め」「転換」「再生」の7つの局面を紹介していますが、必ずしもこの順番通りに段階的に進んでいくわけではありません。いくつかの局面を行ったり来たりしながら時にスキップしつつ、様々な経過をたどって、その人なりの再生への道を歩んでいかれます。

行きつ戻りつ、を繰り返しているようであっても、まったく同じ心の状態に戻るということはありません。日々の生活での出来事やそれにより体験する他人との関わり、自分自身との内的対話を経て、何らかの気づきを得ながら刻々と変化しています。

ただし心の内側の深い部分で起こる変化を細やかに感じとることは、周囲はもちろん、本人自身であってもとても難しいものです。そのため対外的には、より良い状況へはなかなか向かうことができずに心理的に停滞しているかのように見えることがあります。

しかし実際にはわずかながらでも必ず、その人なりの進歩があり、着実にその人なりの「再生」へと向かっています。「大切な存在との死別」という人生最大の試練に対峙し、そこから様々な痛みや苦悩を味わいながら、自分なりの人生をとらえ直していきます。大きな喪失悲嘆に喘ぎながらでも人は、どんな状況下でも自分の存在意義を問い直し、自身や人生の意味を再構築していく強さやしなやかさを持っているものです。

その可能性を信じ、長い目で見守りながら支援を続けていくことが、グリーフケアの現場ではとても大切であると言えるでしょう。

グリーフスパイラルにおける「再生」

グリーフスパイラルにおける「再生」とは、どんな状態でしょうか?それは一言で言うと、『大切な人との「断絶」が変化し故人との心の結びつきを再び強く感じるようになった段階』と言えます。

死別による離別は「生命ある存在としての相手が、自分の目の前から永久に失われてしまった」という断絶感を突きつけられる状態です。死別した対象が大切な存在であればあるほどに、失った側は耐えきれないショックと喪失感が一挙に押し寄せ、壮絶な苦悩を味わいます。

「肉体がこの世から物理的に完全消失してしまったこと」により、「その間に築き上げてきた関係性までもが完全に断たれた」と感じ、計り知れない孤独と絶望に追い込まれます。そのような「断絶」感に苦悩する局面から、「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」「諦め」「転換」等、様々な局面を経て、その人なりの「再生」へと向かっていきます。

「再生」の局面では、肉体のある状態である存在としてはもう二度と言葉を交わすことができないことは受け入れた上で、「心ではつながっている」「魂として見守ってくれているような気がする」というような深い精神レベルでの結びつきを実感するようになります。

「再生」期には、内側に哀しみは抱えていても、その人なりに自分らしい人生の在り方を取り戻していきます。「あの人の遺志を受け継いでこれからを生きていこう」「あの子が大切にしてきたものを守ること残された私の使命に思えます」というように、死別した事実もふまえて、前を向いて生きていく決意と行動が連動していく状態です。

大切な人と過ごしてきた過去の日々があらためて宝物のように感じられ、別れも含めたそれらの軌跡が、自分の人生においてかけがえのないものであったと知らされるようになります。そのように故人との心の絆が深い意味づけとして、自分自身の生活に根付いていくと、それまでは必要であったサポートがだんだん手放せるようになっていきます。そうしてあらゆる支援の手が離れても安心できる、生活のすべてにおいて自立を取り戻すことが可能になります。

こうした「再生」の局面に至るまでには、その人その人によって長い年月がかかることもあります。「一周忌が済んで尚更、辛さが増してきた」と言う方もあれば「三回忌を経た頃からだんだん、どうにか自分の気持ちにようやく向きあえた気がする」「もう五年も経ったなんて思えないが、最近やっと以前の生活のペースを取り戻せてきたように思う」「10年経ってやっと、いろんな想い出も懐かしく思い出せるようになった」「ここに来てやっと(故人に対する)感謝を心から実感できるようになりました」等、再生へ至るまでの道のりは人それぞれです。

ですが、どんな人のどのような別離であっても、いつかは必ず、その人なりの「再生」が訪れます。その可能性を信じ、心の内側にある「哀しみ」に末長く寄り添い続ける視点を持つことが、支援者としてとても大切な心がけです。

再生に至るまでには様々な課題がある

医療や介護の現場で実際に目の当たりにする死別喪失による悲嘆の局面は「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」あたりがもっとも多いと言えるでしょう。

思いがけずお亡くなりになった場合は特に、突然「遺族」という立場に立たされた家族や近しい方々は、「混乱」「否認」「怒り」といった局面に翻弄され、激しく嘆き悲しまれることがほとんどです。時にひどく取り乱されても決しておかしくはない、それが死別による喪失悲嘆の実際であると痛感します。

そのような現場を目の当たりにし、「何をどのように受け答えしていいのかが全くわからなかった」「専門職として十分に関わることができなかった」という後悔を持つ人も少なくありません。

あるいは、たまたまお亡くなりになられるその場に居合わせただけで、激しい非難をぶつけられたという体験を持つ方も、残念ながらゼロではないようです。

「行き場のない憤りを誰にぶつけたらいいかわからない」「どうあっても亡くなった現実が受け入れられない」

そのような心情から、病院や施設あるいはそこで働く個人に対し、激しい感情をぶつけずにいられなかったご遺族も、ケースによってはあります。

なんの落ち度もなく職務を遂行していたにも関わらず、まるで自分や自分の属する組織に非があるかのように責め立てられることは、どのような立場でどのような経験値を積み上げも、人としてやはり辛いものです。とはいえ対人援助職である以上、不当な扱いを受けてもどうにか自身が耐えることでやり過ごそうとしてしまう人も中にはあります。

激しい怒りや否認の感情に苛まれている際は、誰でも冷静な判断能力は当然失われてしまいます。ものごとの道理や対外的な状況判断をわきまえる認知の機能は一時的に損なわれる一方で、直感はむしろ冴え渡るといった代償機能を発揮する人も多いと言われます。

そのため「この人ならばどんな感情でも受け入れてくれる」と本能的に感じる人に対し、どこまでもぶつけてしまう傾向が誰にも少なからずあります。よって死別による喪失悲嘆に日々あふれているような現場では、職員のうち、より共感的な人が何度も、強い非難や怒りの感情を一手に引き受ける立場に立たされてしまうこともありえます。そのような無理や負担が続いてしまうことにより、患者さんや利用者さんから信頼が厚かった職員が徐々にバーンアウトしてしまい、離職やうつ病へと発展してしまうケースも最近は増えているそうです。

支える側にも「セルフケア」が必要

大切な存在を失う喪失感は、専門職として患者さんや利用者さんを見送る際にも当然ながら引き起こります。ケアする側が病状の進行をその立場立場で冷静に判断していても、様々な時間を心通わせ共有してきた間柄である以上、やはりお亡くなりになられた際には喪失悲嘆を味わうのは人として当然のことです。

まして「予想することが難しい」あるいは「予測してきたものの、ご本人やご家族が思い描いてきたような看取りが叶わなかった」ケースにおいては、専門職であっても喪失悲嘆を長引かせてしまうこともあります。自分がどのような面で喪失悲嘆を抱えているか、自身でチェックしセルフケアを心がけていくことがとても大切です。

グリーフスパイラルは大切な存在を失ったご遺族だけではなく、看取りに至るまでの時間を共有し、死別の現場に立ち会う支援する側にも引き起こる感情の側面です。人生の最期に至るまでの日々を共に過ごし、死別に立ち会い、それに伴う喪失悲嘆をケアする側もまた、それぞれの「再生」に向け、自分自身を癒し取り戻す術を身につける必要があります。

そのための第一歩はまず、喪失による悲嘆にはどのような感情の局面があるかを知ることです。喪失により沸き起こる様々な悲嘆やそれにより引き起こされる反応にどのようなものがあり、どう対応することが最も望ましいかについて、日頃から関心を持ち備えることは支える側のメンタルケアとして大変有効です。

また、喪失による喪失悲嘆が複雑化したり長期化する背景には、それより以前に体験した喪失悲嘆が癒されていない可能性も多々あります。職業人として大切な方をお見送りする際に感じる様々な気持ちや葛藤は、自分自身の人生にとってもかけがえのない気づきであることが多いでしょう。

誰かを失って感じる哀しみは、相手を大切に想ってきたからこそ生じる、人間として極めて自然な感情です。専門職としての役割職務を忠実に遂行しながらも、人として内部に沸き起こる自然な感情をひとつひとつ丁寧に見つめ、自分の痛みや哀しみにも寄り添う時間や習慣を大事にして頂きたいと願います。

グリーフケア 入門講座(webにて無料開催)のご案内

グリーフケア研修をWEBで体験できるWEBグリーフケア入門講座を無料で実施しています。興味・関心のある方はぜひ、お気軽にご参加下さい。

※今年度より新たに土曜日コースを開講しました。(毎月、第一土曜日に無料入門講座があります)

またベーシック講座も土曜日3回コースを同時開講しました。一人でも多くの方にご活用頂けましたら幸いです。

http://grief-online.com/webinar_kokuchi/

The following two tabs change content below.
前川 美幸(まえかわ みゆき)

前川 美幸(まえかわ みゆき)

日本グリーフ専門士協会理事。老人保健施設での介護支援専門員、訪問看護ステーションの立ち上げを経て、現在は終末期医療に従事。看護・介護の現場の両面からグリーフケアを伝えている。日総研出版『達人ケアマネ』に2017年6月から2018年6月にかけ、グリーフケアに関する連載を担当。