(この記事の本文は紹介動画で語っている内容を基に作成しました) 

 

こんにちは。

日本グリーフ専門士協会の前川美幸です。

来たる令和元年7月15日に『動物たちのお盆』を、

上野駅前サロンCROSSROADにて開催します。

昨年秋から始まったペットロス専門士養成講座を担当する、

獣医師の先崎直子さんが企画・運営して下さいました。

 

<以下は、先崎直子さんからのメッセージです>  


ペットロス専門士養成講座は昨年9月からスタートし、

お陰様で5期を迎えることができました。 

受講生の皆様、様々な想いを抱えて参加されていらっしゃいますが、

とても積極的に参加してくださるので、講師の立場としても、

とても有意義な時間を過ごさせていただいております。

9月に講座がスタートした時点では、

2頭の犬と一緒に暮らしておりました。 

年上のいおには肝臓に腫瘍があり、しばらくは

大きく体調を崩すことなく過ごしておりましたが、

11月末にもう無理かもしれない、と思うくらいに体調を崩しました。

この時にわかに「死」「別れ」という言葉が目の前に意識され、

不安な気持ちに襲われました。

いったんは持ち直し、小康状態を保っていたのですが、

今年1月に旅立ちました。

講座をスタートしてから、間もなくして私自身が

グリーフを抱えることになりましたが、

そこで私が感じたこと、経験したことが、講座に繋がっています。 

いおが身をもって私に教えてくれた、そんな風に感じています。

それから数か月、色々なことを考え、様々な想いを抱き…

今の私に至ります。

哀しみが少しずつ癒えるにつれ、

感謝の気持ちは大きくなっています。

今年のお盆は、いおの新盆。

そんないおに感謝の気持ちを伝えたいと思いました。

そして、同じような想いでいらっしゃる方と共有できたらと思い

「動物たちのお盆」を企画しました。


旅立った動物たちをイメージして、

フラワーフレームを作ったり、

亡き子をちぎり絵で表現するコラージュアートを作り、

想い出を語り、感謝の気持ちをささげるといった内容です。

皆さんと想いを共有する温かい会になるといいなと思い、

ご紹介させていただきます。

想いを同じくする方とお会いできるのを楽しみにしております。


『動物たちのお盆』

【日時】令和元年7月15日(月・祝)

【会場】CROSSROAD(上野)

    東京都台東区東上野2-20-6

    会計センタービル3F(CROSSROAD)

https://goo.gl/maps/FL3vKJgSXZAEgdnL6

【プログラム】 

*第一部*

「大切な想い出を彩るフラワーフレーム」

旅立った動物たちをイメージして、お花を使った

小物を作り、想いを分かち合います

(時間)10:00~13:00

(参加人数)12名

(講師)寄り添い花プランナー 

グリーフ専門士 南晶乃

*第二部*

「想い出のアニマルコラージュアート」

旅立った動物たちの写真をもとに、ちぎり絵を作り、

想いを分かち合います

(時間)14:30~17:30 

(参加人数)10名

(講師)ペット用迷子札・フードボウル『wf_poo』店主 

アニマルコラージュ作家 Yakko

【参加費】 第1部 3,500円 第2部 3,500円

【主催】一般社団法人 日本グリーフ専門士協会

【お申込み】下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

https://ws.formzu.net/dist/S95152161/

【お問い合わせ】office@grief-care.jp

The following two tabs change content below.
前川 美幸(まえかわ みゆき)

前川 美幸(まえかわ みゆき)

日本グリーフ専門士協会理事。老人保健施設での介護支援専門員、訪問看護ステーションの立ち上げを経て、現在は終末期医療に従事。看護・介護の現場の両面からグリーフケアを伝えている。日総研出版『達人ケアマネ』に2017年6月から2018年6月にかけ、グリーフケアに関する連載を担当。