→→【特別案内】WEBグリーフケア入門講座(無料)はコチラ!←←

作者別: 前川 美幸(まえかわ みゆき)

前川 美幸(まえかわ みゆき)

日本グリーフ専門士協会理事。病棟看護師、介護支援専門員、訪問看護ステーションの立ち上げを経て、オンラインおよび対面でのグリーフケアサロン、個人カウンセリング、グループセッション、病院・介護施設研修に従事。日総研出版『達人ケアマネ』に2017年6月から1年間『ケアマネジャーが知っておきたい家族ケア・グリーフケア』の連載記事を担当。

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「諦め」期にある人への関わりについて(前編)

私たちの人生は、「喪失体験」の連続です。死別はもちろん、病気、怪我、老化、離婚、解雇など、何かを失う運命からは完全に逃れることができません。誰もが生きていく中で、思いがけない喪失とそれに伴う悲嘆に見舞われます。  人生の度重なる喪失の悲嘆とそれに

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「抑うつ」期にある人への関わりについて(後編)

グリーフのスパイラル:一次感情の哀しみは常に中心にある 大切な人を失った時、私達はどのような心境に見舞われるでしょうか?喪失による悲嘆や反応をグリーフと言い、喪失悲嘆による哀しみを抱えた人への支援をグリーフケアと言います。グリーフケアにおいては、喪失悲嘆に

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「抑うつ」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフにおける「抑うつ」 死別などによる喪失の悲嘆や反応をグリーフといい、それに対応するケアをグリーフケアといいます。これまで「混乱」「否認」「怒り」の局面について、お話してきました。4回目となる今回は、グリーフにおける「抑うつ」についてとりあげます。

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「怒り」期にある人への関わりについて

大切な人を死別により喪失した心の内側は常に、哀しみで溢れています。 「哀しみ」とは、愛おしい、悲しい、寂しい、辛い、苦しい、悔しい、怖い、心配、落胆といった複雑な感情が入り混じった状態です。根底に常にある「哀しみ」を一次感情として、様々な局面が二次的に引き

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「否認」期にある人への関わりについて

■死別喪失にともなう感情の変化:グリーフスパイラル 死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか? 日本グリーフ専門士協会で提唱している「グリーフスパイラル」という心理モデルがあります。 内側にある「哀しみ」には、愛おしい、悲しい、

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「混乱」期にある人へのかかわりについて

喪失による悲嘆の状態をグリーフといい、喪失悲嘆に対するケアをグリーフケアといいます。私たちは人生において病気、怪我、離婚、リストラなど、様々な喪失を体験します。その中でも大切な人との死別は、とても辛く乗り超えがたい苦難です。死別が最大の喪失による悲嘆である

人生を支える8つの繋がり【自然】【思想】【故人】【未来(使命)】

  日本グリーフ専門士協会の前川美幸です。 今回は「人生を支える8つの繋がり」についての3つめの、このテーマにおける最終回となります。 死別喪失による悲嘆は、「大切な存在との繋がりが完全に絶たれてしまった」と感じる「断絶感」に打ちひしがれている状

人生を支える8つの繋がり【過去】

過去(意味)とのつながり   紡いできた過去の意味が見失われる時 喪失体験により「過去」との繫がりが断たれることがあります。大切な人を失ったことで、それまで共に過ごしてきた時間、とくに良くなってもらいたいと必死で看病してきた日々や、本人との壮絶な闘病生活が

人生を支える8つの繋がり【社会】【友人】【家族】

こんにちは、日本グリーフ専門士協会の前川美幸です。 今回は、「人生を支える8つの繋がり」というテーマで、数回に分け取り上げます。 喪失には、様々な断絶がある 死別による喪失悲嘆は、いわば大切な存在とのつながりが完全に絶たれてしまった「断絶感」にうちひしがれ