あなたのグリーフの深さを自己診断

grief_check_cover
日本グリーフ専門士協会の井手 敏郎です。

大切な家族や人を失った
「喪失の悲嘆(そうしつのひたん)」
という状態をグリーフと言います。

グリーフは悲嘆で辛い思いをしている方が強く感じますが、
またその方をサポートしたり支える環境にいる方も同じように
グリーフを抱え込んでしまうことが多くあります。

知らずに起こるグリーフの悪影響

グリーフは心の奥に抱え込むことで感情面に影響を及ぼすだけでなく、
身体面にも不調として現れることが多く見られています。

ですが、

ほとんどのグリーフを抱えている方がご自身の不調の原因がグリーフによるもの
だとはまったく感じていません。

でも、それが原因で、より悲嘆がつらい状態になってしまう事もあります。

痛みを感じないのはそれはそれで問題です。

ここであなたに差し上げる50項目のグリーフの深さを自己診断するチェックリストは、
あなたが普段意識しないであろうグリーフによる症状がリストになっております。

こちらをダウンロードしてあなたのグリーフの深さをチェックしてみてください。

またあなたがグリーフケアをする側の方でも、このリストを持っておくことでサポートする方のグリーフの状態を掴むことができます。

※ダウンロードページをメールで送信させていただきます。
※ドメイン指定受信を設定をされている場合は、あらかじめ @grief-care.jp の受信設定をお願いいたします。 

The following two tabs change content below.
井手 敏郎(いで としろう)

井手 敏郎(いで としろう)

一般社団法人日本グリーフ専門士協会の代表理事。看護師、介護士、ケアマネジャーへの講演をはじめ、死別などによる悲嘆(グリーフ)を抱えた方の支援者を養成している。悲嘆支援の担い手であるグリーフ専門士・ペットロス専門士は国内外に約500人にのぼる。日本、アメリカ、ドイツでグリーフケア、カウンセリング、コーチングを追求。より実践的なグリーフケアを目指し、アドラー心理学、ゲシュタルト療法、ヒプノセラピーを統合した学びを提供している。現在はカルフォルニア臨床心理大学院で臨床心理を探めながら、精神科クリニックや上野駅前サロン「CROSSROAD」で毎週、遺族へのグループカウンセリングも行っている。