大切な人や大切な存在の死と向き合ったとき、
あなたには何ができ、何を伝えられるのでしょう。
あるいは、あなたは何を控え、何を語らないほうがいいのでしょう。

喪失体験による悲嘆を「グリーフ」といいます。
哀しみ、恐れ、怒り……様々な感情や想いが涌き上がりながら、
周囲の状況や自分自身の思いなどによって、
それらの気持ちを「不適切な形」で押さえ込み、
苦しんでいる状態のことです。

そんな中、大事な存在を失った方は、
周囲の言葉に傷つくケースが少なくありません。

「もう3年も経ったのだから」
「そんなに嘆き続けたら、きっとあの子も悲しむよ」
「あなたも前を向いたほうがいい」

いずれも、遺族を思いやってのことでしょう。
しかし大きな哀しみは、ただ時間をかければ癒えるものではなく、
さまざまな形で、幾重にも覆いかぶさり、
励ましがかえって大きな痛みにつながる場合もあります。

悲嘆の中にいるクライアントの状況を配慮しながら、
その人らしく進んでいくためのサポートをしていくことが
グリーフケア(グリーフサポート)です。

そんなグリーフを抱えた方への伴走者として活動するために
専門性を追求している仲間がグリーフ専門士・ペットロス専門士です。

養成講座の受講者は大学教授、大学准教授、大学講師、
医師、獣医師、看護師、獣看護師、介護福祉士、ケアマネジャー、
僧侶、葬祭関係者、保険業、主婦と幅広く、
約500人のメンバーが資格取得しています。

近年は日本国内のみながら、アメリカ、カナダ、上海でも
資格取得者が現れ、各地で活動の輪が広がってきています。

もう少し詳しくグリーフケア・ペットロスケアのことや
グリーフ専門士・ペットロス専門士のことを知りたい
という方のためにWEBセミナーも開催しています。

大きな哀しみを抱えている相手だけに、
繊細な関わりが必要ですが、
大切なポイントをできるだけシンプルにお伝えします。

オンラインでグリーフケアについて学ぶ(無料)にはこちら

 

 

The following two tabs change content below.
井手 敏郎(いで としろう)

井手 敏郎(いで としろう)

一般社団法人 日本グリーフ専門士協会 代表理事/アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理大学院にて米国臨床心理学修士号(MA)取得/著書『金融機関行職員のためのグリーフケアを意識した相続の手続きと上手な接遇方法』(近代セールス社)日本、アメリカ、ドイツで悲嘆ケアを学び、死別悲嘆の支えるグリーフケア研修や個人カウンセリングを続けている。東京都内の精神科クリニックでは自死遺族のグリーフケア・プログラムを担当。日本グリーフ専門士協会のカウンセリングオフィス「CROSSROAD」(JR上野駅から徒歩3分)やオンラインで大切な存在を亡くした方の「哀しみの保健室」(わかちあいの会)を開催。