→→【特別案内】WEBグリーフケア入門講座(無料)はコチラ!←←

罪悪感を抱えた人と向き合うときに気をつけたいこと

こんにちは。 日本グリーフ専門士協会の井手敏郎です。   私は納棺士(おくりびと)養成学校で講義をすることがあります。 アカデミー賞をとり話題になった 映画『おくりびと』の手技を学ぶ学校です。   私の場合、手技は伝えられませんので、 「死とどう向き合うか

相手が混乱しているときに心がけたい大切なこと。

いかがお過ごしでしょうか。 日本グリーフ専門士協会の井手敏郎です。 続けるって簡単なことではありませんが、 このブログのテーマは私のライフワークでもあるので、 大事に育てていきたいなと思っています。 死別体験の初期の混乱期の対応で大切なことはなんでしょう?

家族を亡くしたばかりの方にどう声をかければいい?

こんにちは。 日本グリーフ専門士協会の井手敏郎です。   各地で行っているグリーフ専門士養成スクールに参加される方は、 特に職種が限られてはいませんが、 やはり来られる方は看護師、介護士、ケアマネージャーの方が多いと感じます。   その多くの方が気になって

もしかして「うつ病」。その判断の前に知っておきたいこと。

いかがお過ごしでしょうか。 日本グリーフ専門士協会の井手敏郎です。   少しずつサイトを訪問してくださる方が増えており、 とても感謝しています。    今回は、グリーフとうつ病との違いについて考えてみたいと思います。 どちらも症状は似ていますが、 意識して

あなたの体調不良の本当の理由。それは○○○○です。

はじめまして。 日本グリーフ専門士協会の井手敏郎と申します。   このたびは当サイト、『グリーフケア.jp』 にお越し下さり本当に有り難うございます。     私は身体のメンテナンスのために最近ヨガを始めています。 皆さんの中に、 「自分も体調管理はしてる

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「再生」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフスパイラルとは 喪失による悲嘆をグリーフといい、喪失悲嘆へのケアをグリーフケアと言います。喪失悲嘆による哀しみから、人はどのように自分らしい人生をとり戻すのかについては、世界中でさまざまなモデルが研究されています。日本グリーフ専門士協会では「グリー

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「転換」期にある人への関わりについて(後編)

グリーフのスパイラル 死別による喪失悲嘆により人はどのような感情の局面を体験するのでしょうか?心の内側にある「哀しみ」が変わらないまま、「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」「諦め」「転換」「再生」と様々な気持ちが入り乱れ、変遷していきます。 日本グリーフ専門

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「転換」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフスパイラルとは 死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか?これまで日本グリーフ専門士協会で提唱する「グリーフスパイラル」という心理モデルについて解説してきました。  内側にある「哀しみ」を一次感情とし、「混乱」「否認」「

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「諦め」期にある人への関わりについて(後編)

(以下の体験談はご本人にご了承を頂き、記述させて頂きました。すべての方に当てはまるものではありませんが、喪失体験における「諦め」に触れる一例として紹介します。) グリーフスパイラル「諦め」事例: 『突然の事故で長女を亡くして』 突然の連絡を受け駆けつけた先

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「諦め」期にある人への関わりについて(前編)

私たちの人生は、「喪失体験」の連続です。死別はもちろん、病気、怪我、老化、離婚、解雇など、何かを失う運命からは完全に逃れることができません。誰もが生きていく中で、思いがけない喪失とそれに伴う悲嘆に見舞われます。  人生の度重なる喪失の悲嘆とそれに

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「抑うつ」期にある人への関わりについて(後編)

グリーフのスパイラル:一次感情の哀しみは常に中心にある 大切な人を失った時、私達はどのような心境に見舞われるでしょうか?喪失による悲嘆や反応をグリーフと言い、喪失悲嘆による哀しみを抱えた人への支援をグリーフケアと言います。グリーフケアにおいては、喪失悲嘆に

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「抑うつ」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフにおける「抑うつ」 死別などによる喪失の悲嘆や反応をグリーフといい、それに対応するケアをグリーフケアといいます。これまで「混乱」「否認」「怒り」の局面について、お話してきました。4回目となる今回は、グリーフにおける「抑うつ」についてとりあげます。

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「怒り」期にある人への関わりについて

大切な人を死別により喪失した心の内側は常に、哀しみで溢れています。 「哀しみ」とは、愛おしい、悲しい、寂しい、辛い、苦しい、悔しい、怖い、心配、落胆といった複雑な感情が入り混じった状態です。根底に常にある「哀しみ」を一次感情として、様々な局面が二次的に引き

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「否認」期にある人への関わりについて

■死別喪失にともなう感情の変化:グリーフスパイラル 死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか? 日本グリーフ専門士協会で提唱している「グリーフスパイラル」という心理モデルがあります。 内側にある「哀しみ」には、愛おしい、悲しい、

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「再生」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフスパイラルとは 喪失による悲嘆をグリーフといい、喪失悲嘆へのケアをグリーフケアと言います。喪失悲嘆による哀しみから、人はどのように自分らしい人生をとり戻すのかについては、世界中でさまざまなモデルが研究されています。日本グリーフ専門士協会では「グリー

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「転換」期にある人への関わりについて(後編)

グリーフのスパイラル 死別による喪失悲嘆により人はどのような感情の局面を体験するのでしょうか?心の内側にある「哀しみ」が変わらないまま、「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」「諦め」「転換」「再生」と様々な気持ちが入り乱れ、変遷していきます。 日本グリーフ専門

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「転換」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフスパイラルとは 死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか?これまで日本グリーフ専門士協会で提唱する「グリーフスパイラル」という心理モデルについて解説してきました。  内側にある「哀しみ」を一次感情とし、「混乱」「否認」「

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「諦め」期にある人への関わりについて(後編)

(以下の体験談はご本人にご了承を頂き、記述させて頂きました。すべての方に当てはまるものではありませんが、喪失体験における「諦め」に触れる一例として紹介します。) グリーフスパイラル「諦め」事例: 『突然の事故で長女を亡くして』 突然の連絡を受け駆けつけた先

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「諦め」期にある人への関わりについて(前編)

私たちの人生は、「喪失体験」の連続です。死別はもちろん、病気、怪我、老化、離婚、解雇など、何かを失う運命からは完全に逃れることができません。誰もが生きていく中で、思いがけない喪失とそれに伴う悲嘆に見舞われます。  人生の度重なる喪失の悲嘆とそれに

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「抑うつ」期にある人への関わりについて(後編)

グリーフのスパイラル:一次感情の哀しみは常に中心にある 大切な人を失った時、私達はどのような心境に見舞われるでしょうか?喪失による悲嘆や反応をグリーフと言い、喪失悲嘆による哀しみを抱えた人への支援をグリーフケアと言います。グリーフケアにおいては、喪失悲嘆に

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「抑うつ」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフにおける「抑うつ」 死別などによる喪失の悲嘆や反応をグリーフといい、それに対応するケアをグリーフケアといいます。これまで「混乱」「否認」「怒り」の局面について、お話してきました。4回目となる今回は、グリーフにおける「抑うつ」についてとりあげます。

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「怒り」期にある人への関わりについて

大切な人を死別により喪失した心の内側は常に、哀しみで溢れています。 「哀しみ」とは、愛おしい、悲しい、寂しい、辛い、苦しい、悔しい、怖い、心配、落胆といった複雑な感情が入り混じった状態です。根底に常にある「哀しみ」を一次感情として、様々な局面が二次的に引き

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「否認」期にある人への関わりについて

■死別喪失にともなう感情の変化:グリーフスパイラル 死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか? 日本グリーフ専門士協会で提唱している「グリーフスパイラル」という心理モデルがあります。 内側にある「哀しみ」には、愛おしい、悲しい、

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「再生」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフスパイラルとは 喪失による悲嘆をグリーフといい、喪失悲嘆へのケアをグリーフケアと言います。喪失悲嘆による哀しみから、人はどのように自分らしい人生をとり戻すのかについては、世界中でさまざまなモデルが研究されています。日本グリーフ専門士協会では「グリー

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「転換」期にある人への関わりについて(後編)

グリーフのスパイラル 死別による喪失悲嘆により人はどのような感情の局面を体験するのでしょうか?心の内側にある「哀しみ」が変わらないまま、「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」「諦め」「転換」「再生」と様々な気持ちが入り乱れ、変遷していきます。 日本グリーフ専門

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「転換」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフスパイラルとは 死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか?これまで日本グリーフ専門士協会で提唱する「グリーフスパイラル」という心理モデルについて解説してきました。  内側にある「哀しみ」を一次感情とし、「混乱」「否認」「

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「諦め」期にある人への関わりについて(後編)

(以下の体験談はご本人にご了承を頂き、記述させて頂きました。すべての方に当てはまるものではありませんが、喪失体験における「諦め」に触れる一例として紹介します。) グリーフスパイラル「諦め」事例: 『突然の事故で長女を亡くして』 突然の連絡を受け駆けつけた先

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「諦め」期にある人への関わりについて(前編)

私たちの人生は、「喪失体験」の連続です。死別はもちろん、病気、怪我、老化、離婚、解雇など、何かを失う運命からは完全に逃れることができません。誰もが生きていく中で、思いがけない喪失とそれに伴う悲嘆に見舞われます。  人生の度重なる喪失の悲嘆とそれに

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「抑うつ」期にある人への関わりについて(後編)

グリーフのスパイラル:一次感情の哀しみは常に中心にある 大切な人を失った時、私達はどのような心境に見舞われるでしょうか?喪失による悲嘆や反応をグリーフと言い、喪失悲嘆による哀しみを抱えた人への支援をグリーフケアと言います。グリーフケアにおいては、喪失悲嘆に

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「抑うつ」期にある人への関わりについて(前編)

グリーフにおける「抑うつ」 死別などによる喪失の悲嘆や反応をグリーフといい、それに対応するケアをグリーフケアといいます。これまで「混乱」「否認」「怒り」の局面について、お話してきました。4回目となる今回は、グリーフにおける「抑うつ」についてとりあげます。

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「怒り」期にある人への関わりについて

大切な人を死別により喪失した心の内側は常に、哀しみで溢れています。 「哀しみ」とは、愛おしい、悲しい、寂しい、辛い、苦しい、悔しい、怖い、心配、落胆といった複雑な感情が入り混じった状態です。根底に常にある「哀しみ」を一次感情として、様々な局面が二次的に引き

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「否認」期にある人への関わりについて

■死別喪失にともなう感情の変化:グリーフスパイラル 死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか? 日本グリーフ専門士協会で提唱している「グリーフスパイラル」という心理モデルがあります。 内側にある「哀しみ」には、愛おしい、悲しい、