グリーフ専門士

タグ 記事一覧

入門講座の担当講師に話を聴いてみた①村野直子講師 後編

こんにちは。新人グリーフ専門士、寿月です。
10月に入っても夏のような暑さが続いたり、かと思えばトレーナーを着こむような気温になったり。子供の頃には季節の変わり目に弱くて、年中行事のように体調を崩していたことを思い出します。
私の近況を少しお伝えしますと、夫の一周忌を終えて少しした頃からでしょうか、ちょっと腑抜けたような時間が多くなっていて、何も予定のない日はひたすら横になっています。そして悶々としています。動けない自分にも〇をしてほしいというようなことをここでも書いているくせに、自分にはなかなか〇がつけられなかったりする。焦ったり責めたり、そんな自分を嫌悪することも多いです。でも私は自分に言い聞かせています。「これが一生続くわけではない」と。季節が移り替わっていくように、やがては抜けていく。そう信じるしかできないけれど、これまでだって何度もそういう流れはあったから、それを超えてきているのだから、私はきっと大丈夫。
このブログを読んでくださる方の中にも、今まさにお辛い中で過ごされている状況があるかもしれません。自分はもう二度と立ち上がれないのではないかと不安になられているかもしれない。辛いけど、苦しいけど、共に今をやり過ごせるといいですね。... 続きを読む

入門講座の担当講師に話を聴いてみた①村野直子講師 前編

こんにちは。新人グリーフ専門士、寿月です。
日本グリーフ専門士協会が開催している『グリーフケア入門講座』は、グリーフとは何か、喪失体験後の心の変化などをわかりやすくお伝えする2時間の講座となっております。私も自分を試す(2時間座っていられるかなど)意味もあってこの講座から学びはじめましたが、無料といえども、最初の一歩を踏み出すのには勇気がいるものです。... 続きを読む

暗闇にともる小さな灯り

こんにちは。新人グリーフ専門士、寿月です。
オリンピックがはじまっておりますね。こんなご時勢ですので、賛成反対含め、いろんな意見が出て当然かと思います。あらゆる情報が簡単に入手できてしまうこの時代は、便利な反面、それらに振り回され、気持ちが揺れ動くことも多いのではないでしょうか。
華やかな催しが開催される一方で、閉塞的な状況に適応していくことが求められている。そんな中で自分を整えていくことは、誰にとっても難しさがあるだろうと想像しますが、特に哀しみを抱えた方々は孤独を感じやすくなっているかもしれません。気持ちが落ちたり揺らいだりしても、そんな自分を否定せずにいてくださることを願っています。... 続きを読む

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「混乱」期にある人へのかかわりについて

喪失による悲嘆の状態をグリーフといい、喪失悲嘆に対するケアをグリーフケアといいます。私たちは人生において病気、怪我、離婚、リストラなど、様々な喪失を体験します。その中でも大切な人との死別は、とても辛く乗り超えがたい苦難です。死別が最大の喪失による悲嘆であると言えるでしょう。本人及び家族は余命宣告から終末期にかけて深いグリーフを抱えています。そして悲嘆の反応は見守り、見送る立場である私たち支援者にも起こります。死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか。今回は死別による喪失悲嘆によって生じる心の変化のうち、「混乱」について詳しく解説します。... 続きを読む