→→【特別案内】「WEBグリーフケア入門講座(無料)」はこちらをクリック←←

日本グリーフ専門士協会

タグ 記事一覧

日本グリーフ専門士協会を選んだ理由

こんにちは。新人グリーフ専門士、寿月です。
五月も終わりが見えてきて、湿気に悩まされる季節がやってきました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
雨の日が続くと気分がなんとなく落ちてしまう、そう感じられる方も少なくないかもしれません。実は私も先々週あたりでしたか、突然ぐっと落ち込んで、動けなくなる日がありました。次の日には復活しましたが、またその次の日には動けない。これといったきっかけは思い当たらず、ただ疲労感がすごかったです。過去から今、今から未来、そのどこにも視点を合わせたくない。でも何も考えずに過ごすって実はとても難しいんですよね。
四季のある国に生きる私たちは、自然の変化に寄り添い、やがて過ぎ去ることを体感し続ける民族だといえるかもしれません。まっすぐ行かないと感じたり、立ち止まることもありますが、良くも悪くもいつか過ぎ去っていきます。時の流れに身を任せつつ、今日も書き進めていきたいと思います。... 続きを読む

『動物のお盆』を令和元年7月15日上野駅前にて開催します

(この記事の本文は紹介動画で語っている内容を基に作成しました) ... 続きを読む

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「抑うつ」期にある人への関わりについて(後編)

グリーフのスパイラル:一次感情の哀しみは常に中心にある... 続きを読む

死別による喪失悲嘆ケア:グリーフスパイラル「混乱」期にある人へのかかわりについて

喪失による悲嘆の状態をグリーフといい、喪失悲嘆に対するケアをグリーフケアといいます。私たちは人生において病気、怪我、離婚、リストラなど、様々な喪失を体験します。その中でも大切な人との死別は、とても辛く乗り超えがたい苦難です。死別が最大の喪失による悲嘆であると言えるでしょう。本人及び家族は余命宣告から終末期にかけて深いグリーフを抱えています。そして悲嘆の反応は見守り、見送る立場である私たち支援者にも起こります。死別体験で起きる心の変化には、具体的にどのようなものがあるでしょうか。今回は死別による喪失悲嘆によって生じる心の変化のうち、「混乱」について詳しく解説します。... 続きを読む